こんなところが失敗だった!マイホームの後悔3選|福井県坂井市で注文住宅・リフォーム・リノベーションのことならエバーグリーン坂本建築にお任せください。

坂本建築

  • 0776510429
  • 営業時間|8:00~18:00
    ※時間外でも対応致します
    定休日|日曜
  • Contact

建築コラム

こんなところが失敗だった!マイホームの後悔3選

建築コラム 

憧れのマイホームは購入代金が高く、部分的に妥協して購入することも珍しくありません。もちろん、あれこれ要望ばかりを通しては予算オーバーは免れませんが、あまり深く考えずに購入したばかりに、失敗した例も多数ありますのでご紹介します。

 

思った以上に不便だった?立地の失敗

マイホームを購入するとき、土地選びは非常に重要です。住宅は立て直しもできますが、土地はその特性が変化することはほとんどありません。安いからと前面道路が狭いところを選べば車の出入りで苦労しますし、山や川の近くは、災害による影響がないかしっかり確認する必要があります。また、周辺に生活に必要な買い物ができる施設があるか、子供がいるときには学校から安全なルートで帰ることができるか、高齢者がいるときには病院が近くにあるかなど、世帯に応じた施設の有無も確認しましょう。それから、自家用車がある場合でも公共の交通機関の利便性が高いところが理想的です。
 

注文より壁が薄すぎる?業者の失敗

業者選びで失敗したケースもあります。見た目は高級感があって坪単価が安い物件の場合、使用されている材質が安物であったり、自由度が低かったりとどこかにコストが安い理由は必ずあります。注文した設備よりもグレードが落ちている、注文したよりも壁が薄すぎるといった意図的な作為が見つかる場合もありますので、契約するときの書類や実際の施行例などをきちんとチェックして、信用できるハウスメーカーを選ぶようにしましょう。中には、新築物件であるにもかかわらず住宅が傾いていたり、外壁にクラックが入っていたりすることがあり、耐久面で不安が生じるケースもあります。
 

ご近所づきあいがうまくいかない?地域相性の失敗

土地や建物は満足できるマイホームになったとしても、地域の雰囲気と自分たちの相性が悪いケースもあります。閉鎖的な地方や逆に近所づきあいに無関心なエリアなどは、長く住み続けていくうちに合わなければ心労が重なっていくことも考えておきましょう。あらかじめ周辺に住んでいる人と話をしたり、そのエリアの知人がいれば情報を収集したりすることで、住みやすそうな場所かどうかがわかります。該当するエリアに知り合いがいない場合でも、誠実な仲介業者であれば、土地を紹介するときにそのエリアの住民の考え方などついて質問すればある程度教えてもらえるでしょう。
 

マイホームの失敗の種はできるだけ摘んでおこう

このように、失敗例をいろいろ見ていくことで、自分がマイホームを購入するときの反面教師にできます。予算を抑えつつ満足度の高い物件を手に入れるために、失敗の可能性はできるだけ避けてマイホームの購入に臨みましょう。

ページトップへ戻る