リビングはどんな造りにする?より良い注文住宅を建てるために|福井県坂井市で注文住宅・リフォーム・リノベーションのことならエバーグリーン坂本建築にお任せください。

坂本建築

  • 0776510429
  • 営業時間|8:00~18:00
    ※時間外でも対応致します
    定休日|日曜
  • Contact

建築コラム

リビングはどんな造りにする?より良い注文住宅を建てるために

 

家族が集まるリビングは、こだわりの詰まった居心地の良い空間にしたいと
考えている人も多いのではないでしょうか。
ここでは広さやキッチンとのつながり方など、
リビングの設計を考える際におさえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

やはりリビングは広い方が良い?

“コミュニティの中心となるリビングは、できるだけ広くつくりたいと希望する人も少なくないでしょう。
住宅展示場に足を運ぶと吹き抜けのある開放的なリビングを目にすることも多いため、
より憧れが増すのではないでしょうか。
リビングが大きいとたくさんのゲストを呼ぶことができたり、
子供をのびのびと遊ばせたりすることができるというメリットがあります。
コンパクトなリビングは、冷暖房の効率が良く掃除が楽というメリットが挙げられます。
造り付けの家具を備えれば、より部屋を有効に使うことができるでしょう。
家族構成や人数なども考慮して、リビングの広さを決めることをおすすめします。

キッチンから見えるようにするかどうか

注文住宅を建てる際、女性が特に重点を置くのがキッチンではないでしょうか。
キッチンは女性が毎日多くの時間を過ごす場所なので、
機能性はもちろんデザインにもこだわりたいところです。
しかし、女性のなかにはいくらおしゃれなキッチンとはいえ、
リビングからは見えにくい設計にしたいと考える人もいるでしょう。
リビングからキッチンが見えないレイアウトにすると、
料理から出る煙やにおいが広がりにくいというメリットがあります。
また、キッチンが多少散らかっていてもリビングからは見えないので、
急な来客にも慌てる心配がありません。
小さい子供がいる場合や家族と会話をしながら料理をしたいと考えている人は、
リビングからキッチンが見えるレイアウトにすると便利です。
リビングにいる家族の様子が見渡せるので、安心して料理をすることができるでしょう。

応接間も兼ねるのか完全なプライベート空間にするか

リビングは家族が集まる場所ですが、なかには応接間を兼ねているケースもみられます。
応接間をつくらない場合、その分リビングを少し広くすることもできます。
また、ゲストを呼ぶ機会があまりない家庭なら、
応接間がなくても問題ないと感じるケースが多いでしょう。
会社の上司や後輩を自宅に呼ぶ機会が多かったり、
両親や親戚がよく訪ねてきたりする家庭の場合は応接間があると便利です。
家族が毎日過ごすリビングではなく応接間にゲストを通すことによって、
より落ち着いて会話をすることができます。
家族はもちろん訪問客のプライバシーも保たれるので、
お互いリラックスして過ごせるのではないでしょうか。

建てた後の使用イメージをよく練りながら考えよう

家族が安らげるリビングにするためには、
実際にリビングを使っている様子を頭の中でシュミレーションしてみることが大切です。
具体的なイメージをふくらませていけば、
どのようなリビングが自分たちにぴったり合うのか分かってくるのではないでしょうか。

ページトップへ戻る