レイアウトが決め手?おしゃれな家の内装ってどんなもの?|福井県坂井市で注文住宅・リフォーム・リノベーションのことならエバーグリーン坂本建築にお任せください。

坂本建築

  • 0776510429
  • 営業時間|8:00~18:00
    ※時間外でも対応致します
    定休日|日曜
  • Contact

建築コラム

レイアウトが決め手?おしゃれな家の内装ってどんなもの?

 

インテリア雑誌で紹介されているようなおしゃれな家の内装には、どのような特徴があるのでしょうか。
内装を考える上での大事なポイントをしっかり押さえておけば、
理想に合う素敵なインテリアを実現することができます。

<strong>おしゃれな家は家具のイメージが統一されてる?

おしゃれで素敵な印象を与える家は、配置されている家具のトーンに統一感が感じられます。
ひとつひとつの家具がどれだけおしゃれなデザインであっても、
シャープでスタイリッシュな家具と、装飾が多くフェミニンで愛らしい家具を同じ空間に並べると、
ちぐはぐな印象になってしまいます。
内装を考える時には、まずどんなイメージに家を仕上げたいかの全体像を思い描いて、
そのイメージに合う家具を選んで購入するようにしましょう。
ナチュラル、モダン、北欧調、など自分が目指すインテリアのイメージをしっかり把握しておき、
イメージがぶれないように内装を仕上げて下さい。

小物がたくさんの空間と広々とした小奇麗な空間だとどちらが良い?

インテリアショップや雑貨屋には、可愛い小物がおしゃれにディスプレイされています。
お店のディスプレイは、家の内装の参考にもなりますが、小物を上手に飾るのはなかなか難しいものです。
たくさんの小物を並べ過ぎると、部屋が乱雑でまとまりのない雰囲気になったり、
チープな印象になってしまうこともあるので、小物の取り入れ方には細心の注意が必要です。
物が少ない部屋は、実際の面積よりも広々とした小奇麗な印象を与えます。
部屋に配置する小物を最低限に厳選して、すっきりした空間にすると、
おしゃれで清潔感のある雰囲気になります。
たくさんの小物で部屋が圧迫されてしまわないように、寛いで過ごせる部屋作りを心掛けましょう。

あまりにも内装を同じ雰囲気で統一したらかえって平坦な印象になってしまう?

壁紙や室内装飾品に統一感を持たせることは、おしゃれな内装を目指す上で大切なことですが、
あまりにも同じテイストの物ばかりで揃えると、部屋が殺風景になったり、平坦な印象になってしまいます。
インテリアを考える際にも、ファッションと同様、遊び心を忘れないようにしましょう。
色相環を利用してカラーの配置に気を配ると、部屋の内装が表情豊かなものになります。
青を基調にした部屋であれば黄色、グリーンが基調なら紫色、
と補色関係にある色を生かした部屋作りを考えてみるといいでしょう。
パステルカラーで揃えた空間に、ヴィヴィッドなカラーを取り入れる方法もおすすめです。

大事なのは統一感とアクセント

家全体に対するヴィジョンがしっかりしていれば、
おしゃれな内装に仕上げることは決して難しくはありません。
統一感を持たせることと共に、空間をより伸びやかで表情豊かに見せるためのアクセントを
作ることを心掛けて、理想の空間を作り上げて下さい。

ページトップへ戻る