レトロ?和?注文住宅をお好みのモダンに仕上げる|福井県坂井市で注文住宅・リフォーム・リノベーションのことなら株式会社エバーグリーンにお任せください。

坂本建築

  • 0776510429
  • 営業時間|8:00~18:00
    ※時間外でも対応致します
    定休日|日曜
  • Contact

建築コラム

レトロ?和?注文住宅をお好みのモダンに仕上げる

建築コラム 

新築を建てたい、リフォーム・リノベーションを考えている方は必見です。
人気のモダンには、レトロモダンや和モダンなど種類が沢山あり、自分好みのデザインに仕上げられるなどの良い点が沢山あります。
ぜひ当記事を読んで、好みのモダンに仕上げる参考にしてみてください。

レトロモダンや和モダンもある!モダン風ってそもそもどんなもの?

まずは、注文住宅やリフォームやリノベーションで人気の、モダン風についてご説明します。モダン風というのは、現代的であり、配色は黒などの重厚な感じで、なお且つ直線的な感じのデザインをいいます。それにレトロがくっつけば、古風な中に現代的なスタイルもあるデザインという意味になり、和がくっつくと古き良き日本の雰囲気と現代的なスタイルが合わさったデザインということになります。言葉の意味だけを見ると矛盾しているように感じるかもしれませんが、正反対の要素を共存させた全く新しいものになっています。つまり、そのままでは古臭く感じられるものでも、現代のスタイルと合わせることで新鮮に感じられるのです。

それぞれのモダンの雰囲気に合う家具とは

次に、レトロモダンと和モダンの雰囲気に合う家具をご紹介します。この2つに共通していえることは、部屋にレトロまたは和の家具と、モダンな家具を一緒に置いただけでは雰囲気は馴染まないということです。重要なのはバランスです。レトロまたは和の要素が強く、モダンも少し感じられるくらいにしたいと考えている方も、その逆の方もいらっしゃるでしょう。強調したい方のテイストの家具を多めに置くことで、より理想に近づく事が出来ます。レトロには、日本だけでなく海外のレトロに感じられる物も含まれます。例えばヨーロッパのレトロ、ロココ調の家具などを取り入れてみるのもアクセントになります。和の要素は、家具をモノトーンや畳に合う色にすることによって、かなり雰囲気が出ます。

フローリングと畳はどちらが良い?

フローリングと畳はどちらが良いかですが、それぞれにメリットがあります。フローリングのメリットは、掃除が楽なところ、ダニが発生しにくいところなどです。手間がかからないのが、最大の魅力です。畳のメリットは、湿度調整機能があるところ、断熱性能があるところなどです。新築の家では、和室がほとんど見られなくなっています。ですが和室が減った為、逆に和室が新鮮でもあるということです。フローリングと畳、どちらも取り入れることも可能です。フローリングの部屋に小上がりをつくり、そこを畳コーナーにしている家も珍しくありません。どのスタイルが自分の好みに合っているか、しっかりと検討してみてください。

シックにまとめる?モダンな内装に似合う家の外観とは

最後に、モダンな内装に似合う家の外観についてです。内装と同じく外観もモダンにすると、統一感も出ますし、よく似合います。問題はどの様なモダンにするかですが、そこでポイントとなるのが、多くの方に当てはまる日本人特有の感性です。現代の私たちでも、わびさびの美意識は受け継がれています。華美なデザインよりもシックなデザインを好んで選ぶ方もいるでしょう。家の外観をシックにまとめると落ち着きますし、モダンな内装にもとてもよく似合います。

ページトップへ戻る