多ければ多いほど良い?注文住宅の収納|福井県坂井市で注文住宅・リフォーム・リノベーションのことならエバーグリーン坂本建築にお任せください。

坂本建築

  • 0776510429
  • 営業時間|8:00~18:00
    ※時間外でも対応致します
    定休日|日曜
  • Contact

建築コラム

多ければ多いほど良い?注文住宅の収納

 

注文住宅を建てるときには、収納は多い方が良いといわれています。
では極端な話、収納というのは多ければ多いほどよいのでしょうか。
こちらでは、収納スペースを作るときの目安や考え方についてご紹介していきます。

備え付けのクローゼットや棚?住宅の収納と言えば

注文住宅ならば収納の大きさや数も自由に設定できます。一般的な住宅の収納といえば、
汎用性の高いウォークインクローゼットや傘立て、下駄箱などの土間収納が代表的です。
近年では、キッチンの常温食品などを置くパントリー、床下収納なども人気です。
和室であれば布団や座布団などをしまえる押入れや天袋、脱衣所にはタオルや着替えなどを入れる棚など、
それぞれの世帯の事情や間取りによっていろいろな収納があります。
手持ちの家具の設置場所や配線、動線にも配慮して、無駄のないすっきりとした収納を目指しましょう。
逆に、これから家具を購入する場合には、備え付けの収納があると購入するものが少なくて済みます。

何をどれくらい収納するのか?使用イメージを考えてみよう

収納スペースは、多すぎると部屋が狭くなり、かえって不便になることがあります。
また、収納場所には家電も置けませんし、配線も考えなければなりません。
そのため、部屋ごとに何をどれくらい収納するかを考え、さらに重いか軽いかも考慮して、
位置やサイズを決めていく必要がります。
例えば、寝室には季節によって使用しない布団等を片付けるため、ある程度容量のある収納が必要です。
一方、物置代わりに使用するスペースがあれば、冷暖房器具や大型の荷物はそちらに収納するため、
個々の部屋にはそれほど大掛かりな収納を用意せず、部屋を広くすることも可能です。
まずはその世帯の使用イメージを考えましょう。

目安は?ひとつの部屋にどれくらいの収納スペースが要るのか

注文住宅の場合、収納スペースは自由に決められますが、敷地に応じて床面積には制限があります。
そのため、あまり収納ばかりにスペースを割くのも得策とは言えません。
一般的には、ひとつの部屋に押入れ程度のウォークインクローゼットがあれば対応できるでしょう。
スペースに余裕があまりない時は、二部屋の間に一つウォークインクローゼットを作り、
それぞれの部屋から出し入れできるようにするという方法もあります。
また、ロフトや物置などを作り、その分部屋の収納は納戸程度にするという方法もあります。
部屋の用途によっても必要な収納は異なりますので、その部屋の使い道も考えて設計します。

建てた後でもなんとかなる?自分で収納を増やす工夫

このように、適切な収能力があれば特に不便はありません。ライフスタイルや家族構成が変わったときも、
インテリアにもなるボックスや間仕切りなどで収納を増やすことができますので、ある程度将来も含めて多めにとっておけば十分です。

ページトップへ戻る