家も見た目が大事!新築の外構はどうする|福井県坂井市で注文住宅・リフォーム・リノベーションのことならエバーグリーン坂本建築にお任せください。

坂本建築

  • 0776510429
  • 営業時間|8:00~18:00
    ※時間外でも対応致します
    定休日|日曜
  • Contact

建築コラム

家も見た目が大事!新築の外構はどうする

 

外構が今一だと、せっかく新築で建てた家もぼやけた印象になりかねません。

きれいな家を引き立ててくれる外構、防犯性を持たせた外構は、どんなものが考えられるでしょうか。

今回は、家を新築する際の外構問題について、スポットを当ててみます。

 

外構とエクステリアはどう違う?

元来、外構は「外を構える」という意味で、自宅の敷地と外部を隔てることを目的として、ブロック塀や垣根などを設ける工事のことを指していました。

美観性というよりは、外部からの視線を遮る機能性や防犯性を重視した工事です。

ですが、近年ではデザイン性に優れた塀や材料などが豊富になり、利用者の選択肢が増えました。

新築建物に合わせたトータルデザインを考えることも多くなっていることから、本来外構工事と言っていたものと区別してエクステリアと呼ぶようになっています。

ブロック塀など従来の外構工事では、図面を引かずとも工事が可能でしたが、近年のやや複雑なエクステリア工事では、プランニングして外観図を提示してくれることが増えています。

 

外構にはどんなものがある?それぞれの設置に向いた家とは

車を持っている人であれば、独立ガレージやカーポートが欲しいところです。

カーポートだと地面は舗装したほうが良く、その舗装方法は豊富です。

外構はオープンタイプとクローズタイプがありますが、隣家が近かったり道路が狭かったりしたら、塀や門扉を設けて目隠し機能を持たせるのも良い方法です。

近年良く見かけるのが、化粧ブロックを積んだ上に金属製のルーバーを合わせた塀やコンクリート打ちっ放しの塀、ブロックの塗装仕上げ塀などです。

オープンでは、表札やポストなどを設置するのに門柱を立てるという方法もあります。また、周辺にシンボルツリーを植えたり草花を植栽したりして、魅せる外構にするのもいいでしょう。

敷地に余裕があれば、庭を造るのか物干し場や寛ぎの場としてテラスを設置するのかなどを選ぶことが可能です。

 

デザイン重視?防犯重視?外構を選ぶ基準とは

エクステリアを選ぶときには、防犯性を持ちつつデザイン性の高いものを理想にする人が多いのではないでしょうか。

家の中に貴重品が多い人や、プライバシーを重視したい人ほど、クローズタイプの外構が向いているでしょう。

しかし、死角になる場所が生まれやすいのも事実です。塀をスリットタイプかメッシュタイプなどにすると安心ですし、デザイン性も期待できます。

近年増えているのが、クローズとオープンの中間となるセミオープンタイプです。セミオープンにすると、防犯性もデザイン性も保ちやすいです。

また、クローズタイプは一番費用がかかることが多いです。経済的なことも考慮して決めるといいでしょう。

 

おしゃれな外構を仕上げるために必要なこと

おしゃれな外構にするために重視したいのが業者選びです。予算優先ではなく、顧客の希望に耳を傾けてくれるところを選びましょう。

塀や化粧壁をリズムを持たせた配置にしたり舗装の素材を使い分けたりすると、個性のあるおしゃれな外観に見えます。

後々追加工事ができたり、自分達で庭造りをしたりできる工夫を考えてくれると尚良いです。

ページトップへ戻る